NO ART, NO LIFE アートはいつでも君のそばに

心を育てる芸術鑑賞会の企画・制作《ひょうげん教育》のスタッフブログです

NO ART, NO LIFE アートはいつでも君のそばに
心を育てる芸術鑑賞会の企画・制作会社《ひょうげん教育》のスタッフブログです。

新しい出会い、誠意いっぱい

こんにちは、武田です。

 

今日は、新プログラムについての打ち合わせで、初対面のアーティストの方とお話ししてきました。

男性です。そして・・・

前向き

誠実

クレバー

みんな備わってるナイスガイ!   でした。

 

彼が言った言葉で一番印象に残っているのは、

「いいものを創りたい、その思いは一緒ですよね。

そして、それがゴール。

ゴールが見えているなら、そこに向かって何をすべきか、

何をすることがベストか、考えればいいと思います。

“何でもやる” じゃ、どこかで行き詰まります。

それぞれがベストな役割を考え、分担する。

作品創りにはそうやって関わりたいんです。」

こんなコメントでした。

 

情熱と誠意が無理なく、ホント自然な感じで伝わってくる。

あたたかい 言葉でした。

 

一緒に仕事をしたいと思いました。

いいですね、出会いって。

f:id:lalala1com:20180221190019j:plain

 

私たちの作品創りって、集団作業なんです。

個々の技術面でのスキルはもちろん必要ですけど、

もっと重要なのは、志を同じくできるかどうか、

心を通わせられるかどうか、 だと思うんです。

 

小学生向けの芸術鑑賞会ですけど、

上手な演奏や、分かりやすい演技を見せたいんじゃないんです。

大人が、プロが、本気で、全力で、

流す汗や涙や鼻水やアレヤコレヤ…を見せたい、って言うと誤解されるかもしれませんが、

生き様みたいな、それまでの人生の結晶みたいな、

そんなゴツゴツしたものを子どもたちぶつけたいんです。

「今日はこれが精一杯やけど、明日になったらもっとすごいんやぞ!」

って、その道ウン十年のプロが、汗まみれの顔で本気で言ってニコって笑うような(分かりにくいですが)

大人の本気を届けたい!

 

そんな作品創りをしていくために、今日の出会いは意義深いものでした。

これからも沢山の出会いを重ねていくんだなあ。

いいなあいいなあ、もっとたくさんの出会いをしたいなあ。

 

そんな1日でした。